Q&A

ディレカは浄水器ですか?

いいえ、違います。ディレカは水にエネルギーを与える活水器であり、光と電子で水をあるべき姿にする機械です。浄水器は水の中にある物質を取り除くためのものですから、その違いは大きなものがあると言えるでしょう。

フィルターは使っていないのですか?

使っていません。当然、取り替えの必要がありません。

ディレカの水のクラスターの大きさはどのくらいですか?

クラスター理論には多くの異論がありますから、表面張力を調べています。ディレカの水の接触角度は10度から50度くらい、水道水が100度前後、アルコールが10度くらいですから、ディレカの水の表面張力は非常に低いことがわかります。

酸化還元電位は低いのですか?

酸化還元電位が高い水はいい水といえませんが、低ければ低いほどいいというのも、おかしな考え方です。ディレカの水は中くらい。生体に一番近いと思われる還元電位です。

どのような家庭や企業が使っていますか?

多くの企業様・ご家庭でお使いいただいています。味噌・醤油製造業、レストラン、ラーメン店、病院、ビル、農家の方など、多くの方にご愛用いただいています。

どうして洗剤がいらなくなるのですか?

ディレカの水は表面張力が低いため汚れと繊維などの隙間に入りやすく、汚れを落としやすいのです。そのため、洗剤を使う必要がほとんどありません。

カビが生えないのはどうしてですか?

カビを呼ぶ石鹸やシャンプーなどを使わなくてすむほど、高い浄化効果を持つからです。また、カビがディレカの水を嫌がるというのもその理由でしょう。入浴後、浴室の壁などにディレカの水をかけることで、カビ対策にもなります。

ディレカを使っていたら家の前の側溝がきれいになりました。何故ですか?

ディレカの水は環境をきれいにできる水ですから、当然です。ディレカの排水は環境を改善します。

水タンクの検査をしたら細菌が検出されませんでした。どうしてですか?

ディレカパイプの中の構造が特殊な水流をつくり出し、滅菌しているようです。また、マイナス電荷環境をある種の細菌が嫌がるようです。井戸水を塩素消毒する必要がなくなった食品製造工場もあります。

パイプ内部にさびやスケールが溜まらないのは何故ですか?

水流とパイプ間で起きる摩擦電気によって、スケールが溜まらないようにしています。ディレカはプラス電荷を外に逃がしているためにマイナス電荷の水だけになるため電喰が起こりにくく、スケールなどの発生を阻止していると考えられます。

ディレカが何十年も使え、長寿命なのは何故ですか?

ディレカに用いている材質、材料は長寿命のものばかりです。そのため、基本的にメンテナンスもいりません。

凍結による配管トラブルのおそれはありませんか?

凍結による配管トラブルのおそれはありません。寒冷地にお住まいの方も安心してお使いいただけます。

トリハロメタンとはなんですか?

水道水に含まれる物質です。浄水場で塩素消毒する際に水中の有機物質と化合して生成されると考えられています。肝障害や腎障害を引き起こすことが確認されており、発癌性や催奇形性を引き起こすリスクも疑われています。

  • ページの先頭へ戻る